当ブログは移転しました。詳細はこちらに掲載してありますので、ご参照ください。

2008年06月19日

自己責任と社会進歩

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080617-00000068-jij-pol
救出費用は自己負担に=イランの邦人解放で−笹川氏

 笹川堯衆院議院運営委員長は17日午前の自民党役員連絡会で、イランで誘拐された日本人大学生が8カ月ぶりに解放された事件に関し「外務副大臣がスタッフを連れて、3度イランに行っている。これはみんな国民の税金(で負担している)」と指摘した。その上で「政府が渡航の自粛を要請しているところに行った人については、今後、外務省で厳しく徹底する必要があるのではないか」と述べ、救出に要した費用は本人の負担とすべきだとの考えを示した。
 例によってコメント欄より。
当然です。正常な感覚だと思います。
至極まともな発言だ。「危険だからやめなさい」と親切に言っているのを無視した代償は当然自分持ちです
 人間の歴史における社会的進歩というのは、社会の大多数、昨今の流行で言うところの「庶民の感覚」(=凡人の浅知恵)とかいうのとは一線を画す、独創的な発想を持つ人物による、積極的且つ危険を顧みない勇敢な挑戦によるものが多かったことは紛れも無い事実です。

 そして、これらの社会的進歩の担い手の多くは、有力者の後ろ盾、あるいは、自分自身が何らかの財産を有している場合が多く、彼らは「自己責任」のもとに、あれら勇敢な挑戦を挑んできたことも事実です。これは裏を返すと、財力などの「自己責任」の担保となりえるものを持たぬがゆえに、独創的発想を持ちながらも、その発想を現実化する挑戦をあきらめざるを得ず、歴史に埋もれていった人物が数多いたことが容易に想像できます。

 もし今回採取した、それぞれ2万件以上と1万7000件以上の同意を受けたコメントの言うように、(「庶民の感覚」にもとづいて判断された)「危険」に対して飛び込んだ人物を、社会・共同体が「本人の自己責任」として切り捨てるとすると、果たして社会進歩の不利益とならないでしょうか。

 私としましては、「危険」にあえて挑戦する人を全面的にバックアップすることが、社会・共同体のなすべきことではないかと考えます。過度な自己責任論は、意欲と能力はあっても、リスクに対する備えが経済的に出来ない人物の挑戦を妨げることになり、これは即ち長期的に見れば社会進歩に対する不利益であります。

 もちろん、だからといって、「おんぶに抱っこ」してやる必要は無いので、本件についても一部費用を本人に負担してもらうというのは構わないでしょうが、しかしやはり、「「危険だからやめなさい」と親切に言っているのを無視した代償は当然自分持ち」といって完全に切り捨てることがもたらすであろう不利益の可能性については、今述べてきたとおりです。


 ちなみに、今回の記事では「庶民の感覚」(=凡人の浅知恵)という風に、いつも以上に「庶民の感覚」とかいう、いい加減なものに対する批判的意味の強い表現を使いましたが、これは、「意欲と能力のある勇敢な挑戦者」との対比を際立たせるために、あえて使った次第であります。


posted by s19171107 at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。