当ブログは移転しました。詳細はこちらに掲載してありますので、ご参照ください。

2008年11月10日

組織は規則どおりに動かなくてはならない

 10月29日づけの「都合の良いときだけ」において、神奈川県立神田高校が、非正規基準によって入学者選抜を行っていた問題について取り上げました。本件に関しては、どうも「世論」は本問題を推進してきた校長にたいする同意意見が多く見られるようで、朝日新聞投書欄にも校長の判断を擁護する投書が寄せられています。しかし残念ながら、本件の論点・問題点を踏まえていないといわざるを得ません。

97.11.10.JPG
 ある「評論家」の「ルールを明示せずに落とすのはアンフェアだ」という意見にたいする反論という形式で筆を取り、「試験・面接ではしかるべき格好があるはず」であるとし、そういう場面ではしかるべき格好をせよ、という説教じみた言葉で締めています。

 おそらくこの方は、所謂「常識」(お馴染「庶民の感覚」の一種ですかねえ)は明記されていなくても規則として有効である、という主旨で書いているのでしょう。たしかに、手続きや試験、面接ではしかるべき格好があるはずだという意見はその通りであります。しかし、本件の問題点は「常識だから良い」とか「非常識だから駄目」とか、そういうところではなく、組織というものは明文規則や上位機関の命令にしたがって動かなくてはならないにもかかわらず、その明文規則・上位機関の命令には無い独自の規則で許可無く事務を行っていたこと、ただその1点にあります。

 今回、もし仮に、教育委員会から自由にやって良いという指導があるのならば、基準は各高校が自主的に制定できる、本件は問題にすらならなかったでしょうが、実際は上位機関たる教育委員会から先に基準が指導されている、つまり、「これでやれ」という指示が来ている。「これでやれ」ということは、逆に言うと「これ以外ではやるな」ということであります。だから規則違反・命令違反として問題になっているのではないでしょうか?ひたすらに組織としてのありかたが問題となっているのです。

 こういう、所謂「常識」を盾にした明文規則無視を是認する思考は本件に限らず、刑事裁判に対する「世論」でも良く見られます。たとえば、福岡3児死亡事故のように、検察官の求める「危険運転致死傷罪」は、そもそも刑法では死刑相当事件とは定義されていないにもかかわらず、「死刑死刑」と喚きたて、当然のことながら懲役刑の判決が下ると、裁判官に対して暴言を吐いたり、「日本の司法は腐敗している」とか口にしたり、酷い場合は何故か被告弁護人に対して噛み付くといった類です。

 彼らの「常識」においては、あの事故は「死刑相当」なのかもしれません。それも考え方の一つでしょう。また、飲酒運転の刑罰に死刑を加えるか否かについて議論すること自体は結構なことだと思います(私としましては、以前にも書きましたが、余り意味無いと思いますけどね)。しかし、組織、それも公共組織たる裁判所は明文規則(法律)通りに動かなくてはならない。いくら「常識」云々と吼えても、明文規則に無い処置はできないのです。

 同様のことは、たとえば死刑廃止運動推進者にもいえます。すなわち、死刑廃止運動を推進する議員や民間人は、死刑執行があるたびに法務大臣宛の抗議声明を出します。しかし、法務大臣は法律という明文規則に従って職務を遂行しているのであって、批判対象としては妥当ではありません。

 では、ある明文規則が「常識ハズレ」ではないのかと思ったらどうすれば良いのか。簡単です。その「常識」を明文規則にすべく規則制定機関(刑事事件関係ならば国会、本件ならば神奈川県教育委員会ですかね)に提議すれば良い。先に例としてあげた死刑廃止運動の場合には、抗議声明は法務大臣に対してではなく死刑制度を刑罰として定義している刑法を改訂できる唯一の機関たる国会に対して訴えかけるべきですし、本件にしても、「志願者の外見を判断基準に入れる」ということを正規基準(明文規則)としているのならば、すくなくとも私は本件を問題として取り上げはしなかったでしょう。先にも書きましたが、私も服装を判断基準のひとつにすることは反対しませんから。

 個人がどんな「常識」を持っても構いません。しかし、組織は明文規則にしたがって動かなければならない。もし明文規則が変だと思うのならば、規則にしたがって業務を執行するしか道がない当局に対してではなく、明文規則そのものや、あるいは規則制定機関に対して物申すべきではないでしょうか。

 ちなみに、「常識」云々言うのならば、あえて同じ土俵で戦うのならば、組織は明文規則どおりに動くことも「常識」であります。手続き・試験・面接においてある一定の服装の型を守るのが「常識」であり、それに反する服装をすることは「常識ハズレ」であり、不合格にされても仕方ないというのならば、明文規則どおりに組織を運営するという「常識」に反する行動をとった神田高校もまた「常識ハズレ」であるといえるのではないのでしょうか?


posted by s19171107 at 22:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに、法律の隙間をくぐり抜けて好き放題をやる迷惑な輩も世の中には多いですが、公務に携わる者がそれぞれ自分の中の「常識」を優先して非分律で動くようになってしまうのはかなりまずいですよね。この件、実はかなり深刻な問題を含んでいるのかも。そろそろ、中国や北朝鮮を笑えなくなってきているような…。
Posted by amanoiwato at 2008年11月11日 20:07
神田高校は地元なので、出身者や教員等から内情を聞いていますが、何とも恐ろしい場所で、最早学びの舎では無い程荒んでいるとの事です。
やくざのような生徒に恐れをなし、真面目な生徒が次々退学していく現状を前校長が深く憂い、改善を目指して「受験時の服装・言動を選考基準に加えた」そうです。
頷ける話です。

某底辺私立高校では、そういう問題児も一旦入学させ、入学金その他一切を徴収した上で数週間後に退学させると言いますから、神田高校のシステムは人道的と言えるでしょう。
生徒たちも県教委に宛て、前校長の処分取消を求め、活動中だそうです。

「出願時・受験時の身なり・言動を、校長判断で合否の選考基準とする」と公表しておけば済んだことですのに、本当に勿体ないことです。
Posted by 地元民 at 2008年11月18日 02:08
 コメントありがとうございます
>amanoiwatoさん
 ええ。特に公的組織(国家権力など)は、その権利を行使した場合に与える影響が私人のそれと比べ物になりません。だからこそ、公共組織の行動は、私人の「禁止されていない限り原則自由」ではなく、「許可されていない限り原則禁止」となっているのに、その辺が分かっていない人が多いような気がしてなりません。

>地元民さん
 人道的かどうかはこの際、問題ではないのは記事に書いたとおりですので、返答は割愛させていただきます。
 先に服装もチェック項目として公表しておくべきだった、というご意見には賛同します。
Posted by s19171107@管理人 at 2009年03月08日 01:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。