当ブログは移転しました。詳細はこちらに掲載してありますので、ご参照ください。

2008年12月07日

戴いたコメントについて

 当日記は来月2日を以ってブログ移行開設3年となります。それまではジオシティーズで報道記事をとにかく大量に集めて保存するだけという、ただの集積場みたいなことをやっていたために、余りアクセスも無かったのですが、ブログに移行し、また、単に報道記事を集めるだけではなく、その「世論」を分析したり、あるいは私なりに考えた見解などを添えてみたところ、ここ1年ほどは、それなりに常連訪問者も増えてまいり、同時にコメントを戴く機会も多くなりました。

 そもそも当ブログは、あらゆる面で未熟な人間である当方が、自身の勉強のために、批評を受けることを期待して運営している公開「論述」スペースであり、その「論述添削官」は他でもなく訪問者の皆様であります。ゆえに私としては、皆様から戴いたコメントによって今まで何度も自己の誤った認識を矯正したり、あるいはもっと深く考えるキッカケを得てまいりました。コメントを下さる皆様には本当に感謝しております。

 にもかかわらず、近頃戴いたコメントに対する返信を怠って参りました。言い訳は言おうと思えば一応あるにはあるんですが、お聞き苦しいと思うのでゴチャゴチャ言わずに率直に謝罪いたします。申し訳ありません。あ、でも戴いたコメントは、表示承認をする際に全て目を通していますので、その辺はご安心ください。

 そういうわけで、そろそろちゃんと返信しなければならないと思いたち、そもそもいつから返信していなかったのかと思い、「戴いたコメントへ返信しました」というタイトルを冠した記事を探しに過去ログを漁っていましたところ、5月21日が最後ということになっていました。

 我ながら随分と放置したもんだなあと思っていたのですが、7月ごろに一度一斉返信していたような記憶があり、コメント管理画面を出したところ、確かに7月5日づけで一斉返信していることが判明しました。つまり、返信はしたけど報告はしていなかったということです。

 というわけで、以下、5ヶ月前に書き込んだ返信コメントの報告を書かせていただきます。

2月16日づけ記事「「光市事件」と「八戸事件」のメディアにおける扱いの違い」(amanoiwatoさん)

3月11日づけ記事「捕鯨問題に関する現時点での私の立場・認識」(kknekoさん)

4月10日づけ記事「綿井・河井トークショー記事に対する『無名Y』さんより戴いたコメントへの返答」(はてなさん)

5月30日づけ記事「携帯メール依存と群れる心理」(amanoiwatoさん)

6月5日づけ記事「「ハンセン病患者は入国禁止」

6月8日づけ記事「民度高杉」(mashさん、amanoiwatoさん)

6月9日づけ記事「上を見るな!下を見ろ!ああならないだけ幸せに思え!」(天性の庇護者さん)

6月11日づけ記事「刑務所の中はどうなっているのか?」(mashさん)

6月13日づけ記事「珍しく4様と同意見」(傍聴人さん、ポールさん)

6月19日づけ記事「自己責任と社会進歩」(amanoiwatoさん)

6月20日づけ記事「極論と極論」(黒的九月さん)

7月2日づけ記事「「恥の文化」?」(amanoiwatoさん)

7月3日づけ記事「類似構造」(けらさん、mashさん)

 一応、7月5日以前に戴いたコメントについては、上記で全て返信していると思います。抜けているものがあったらご連絡ください。

 続いて本日づけで7月中に戴いた全てのコメントに対する返信も完了させました。

6月30日づけ記事「誰でも「殺人犯」になりうる」(飛び入りの凡人さん)

7月6日づけ記事「ドキュメンタリー「光と影」」(amanoiwatoさん)

7月9日づけ記事「"命の価値の格差社会"」(amanoiwatoさん)

7月13日づけ記事「信濃町に行ってきた」(amanoiwatoさん)

7月17日づけ記事「無意識によってもたらされる子供じみた擁護論」(mashさん)

 8月以降に戴いたコメントについては、順次、返信してまいる所存です。


posted by s19171107 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。