当ブログは移転しました。詳細はこちらに掲載してありますので、ご参照ください。

2009年06月21日

「死刑を求めない遺族」を取り上げすぎることの危険性

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090620-OYT1T00711.htm
>>> 被害者遺族らが死刑「冷静判断」訴え…都内でシンポ

 犯罪被害者遺族の立場から死刑制度を考えるシンポジウム「被害者は死刑を望むのか」が20日、東京都内で開かれ、約150人の参加者を前に、韓国から来日した遺族らが「死刑を求める遺族ばかりではない」などと訴えた。

 主催したのは市民団体「フォーラム90」など。韓国では死刑執行が事実上停止されており、2003年10月に起きた連続殺人事件で家族3人を失った高貞元(コジョンウォン)さん(66)は「事件直後は犯人を殺してやりたいと思ったが、家族を失ったことで命の大切さを知り、犯人を許すことができた。人の命を奪う死刑には反対」と語った。

 1983年1月に弟を殺害されたものの、死刑制度には反対している原田正治さん(62)も「犯人を許す気持ちになったことはないが、裁判員になった人には、様々な考えの遺族がいることを理解してもらって冷静に判断してほしい」と訴えた。

(2009年6月20日20時01分 読売新聞)
<<<
 死刑制度存廃問題をめぐっては、特に存置派が「遺族感情」をその主張の中心にすえるがゆえに、対する廃止派が「死刑を求める遺族ばかりではない」と応ずることがしばしばあります。このシンポジウムもまた、その論争の典型的一例であるといえます。

 確かに「死刑を求めない遺族」が居ることは確かです。もちろん、「死刑を求める遺族」だっています。これは、どちらが正しくてどちらが正しくないという問題では無いということは、以前にも書いた記憶があります。

 であるからこそ、この対立軸に深入りしすぎた場合、下手すると「じゃあ、各事件の遺族感情次第で被告人を死刑にするかどうかを決めよう」という流れにだってなりえることを意味しています。裁判がまさに「被害者感情」に支配される。最も恐れるべき事態です。

 このような視点で考えると、「死刑を求めない遺族」がいることは事実である以上、その存在を世間に知らせること自体は何ら悪いことではありませんが、だからといって、この対立軸に余りに深入りしすぎることは、近代司法制度そのものまでもを「処刑台」に送ることになりかねないのではないかと考える次第です。

関連記事一覧
http://www.geocities.jp/s19171107/DIARY/BLOGINDEX/saiban.html
posted by s19171107 at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりですm(__)m

おっしゃるとおり、司法制度の根幹に照らし合わせれば「犯罪被害者」なるせいぜい脇役であるものを過度にフレームアップすることは非常に危険なことであります。結果として、それは司法制度そのものの否定につながるわけですし…。

ただ、これは相手がいわばルール破りをしてきてる以上、それに党派的に対抗するにはこちらもルール破りを行わざるを得ない事情というのも見逃せないのではないでしょうか?(そこまで考えてるかどうかは疑問ですが)
「犯罪被害者」なる本来近代刑法の想定外にあったものがここまで独り歩きし、かつ巨大化してしまったことが、もっとも大きいのですけど。
Posted by mash at 2009年06月27日 07:40
コメントありがとうございます。

>mashさん
>ただ、これは相手がいわばルール破りをしてきてる以上、それに党派的に対抗するにはこちらもルール破りを行わざるを得ない事情というのも見逃せないのではないでしょうか?

 もちろん、その点はちゃんと考慮しています。単に「取り上げることの危険性」「この対立軸に乗った場合」ではなく「取り上げすぎることの危険性」「この対立軸に深入りしすぎた場合」としているのはこのためです。
 ひとえに私の編集上の不備不足です。誤解を与えてしまい、申し訳ございません。
Posted by s19171107☆管理人 at 2009年06月29日 01:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。