当ブログは移転しました。詳細はこちらに掲載してありますので、ご参照ください。

2009年06月28日

何も変わってないなあ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090628-00000062-jij-soci
>>> 派遣村が解散式=支援拡大、「役割果たした」−東京
6月28日18時55分配信 時事通信

 昨年末、仕事や住む場所を失った元派遣労働者らを支援する「年越し派遣村」を開催した派遣村実行委員会(湯浅誠村長)が解散することになり、28日、東京都内で閉村式を行った。失業者らを支援する団体のネットワークが全国に広がり、一定の役割を果たしたと判断した。
 閉村式に先立つシンポジウムでは、全国各地の支援団体や元派遣労働者が、活動内容や失業者の生活実態について報告。年越し派遣村を訪れた元派遣労働者の30代男性は「多くの人が助けてくれ、温かさを感じた。今は就職活動をしている」と支援の重要性を訴えた。
 また、両親を亡くしアルバイトも解雇されて路上生活中に、地元の団体にたどり着いた岐阜県在住の20代男性は「同じ境遇の人や、お父さん、お母さんのような年代の人から、人生のことや生活のマナーを教えてもらっている。この出会いを転機にし、1日も早く自立したい」と話した。
<<<
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000129-jij-soci
>>>派遣村実行委、6月末に解散=28日に検証のシンポと閉村式
6月24日18時45分配信 時事通信

 年末年始に東京・日比谷公園で失業者を支援する「年越し派遣村」を運営した派遣村実行委員会は24日、6月末で解散すると発表した。28日に一連の活動を検証、報告するシンポジウムを都内で開いた後、閉村式を行う。
 当初は年始に解散する予定だったが、再就職や入居先確保で支援を求める声が多く、活動を続けていた。解散後も窓口を設け、個別の相談に応じるという。
<<<
 昨秋以来の雇用情勢の象徴であった「派遣村」については、社会構造的な問題として取り上げる人がいる一方で、個人の問題として取り上げる人もおり、大きな議論となりました。当ブログにおいては、チュチェ思想にヒントを得た世界観・人間観に基づき、「自己責任」として片付けようとする言説に対しては、批判・反論を加えてまいりました。
 その後、問題は全く解決に向かってはいないものの、報道量が減り始め、それに比例して社会的関心も低下しました。当ブログにおいても、管理者である当方の諸般の事情で、そもそもブログ更新自体が相当停滞する時期があり、1月下旬以降、すっかりこの問題について取り上げなくなってしまいました。
 そんななかでの久々の「派遣村」に関する報道。例によって「世論」を見ましたが、新しい批判的言説における”角度”を期待し、再批判・反論をしなければならないだろうと予測していた私でしたが、予想に反して、以前にみられた言説となんら変わりないものばかりでした。以下。
>>> 景気が良いときにコツコツ貯金をしていたアリは
不景気になったときその貯金で何の問題も無く過ごせました。
景気が良いときに無駄遣いをし貯金をしていなかった
キリギリスは不景気になったとき貯金が無いので困り
集団で公園に集まり「金を寄こせ!」と叫びましたが
誰も助けてくれませんでした。おしまい。
<<<
>>> 派遣切りっていうけど、
実力があれば切られないし、会社がなくなっても這い上がれる。
死に物狂いでバイトでも探せばいくらでも仕事はある。
選んでいる場合じゃない。

正社員には正社員になれた理由がある。そして、企業は全てを守って倒れるわけには行かない。
世の中弱者救済は分かるが、本当に弱者なのかって言いたくなるときがある。
ただの努力不足じゃないのかって?
<<<
>>> 本当に働く意思のある人は自衛隊でもどうですか?
国費で衣食住+小遣いも出るよ?
<<<
>>> 派遣切りから閉村までの間に
何も自己の能力開発していなければ
ホームレスになっても自業自得。年齢は関係ない。

切られた時点で自己責任なんだから並以上の苦労は必定。
<<<
 いやはや。。。


posted by s19171107 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 景気が良いときにコツコツ貯金をしていたアリ

いまさら野暮な解説を加えるならば、派遣村に集う人たちを勝手に「怠け者」とラベリングして、そんな自分を「アリ」だから「絶対」安全圏にいる、派遣村にいる連中と違って「リストラ」なんかされない、と思いこもうとしてるんでしょうね。ほとんど悪魔祓いと一緒なんですが…。いまのご時世でリストラの憂き目にあわない労働者なんて皆無だと思うんですがね。

もっとも、雇用者側(特に「大」のつく会社のそれ)からすれば、「派遣切り」によって重大な社会的道義的責任が問われることを、この手の「アリ」たちがやんやと話の焦点をそらしてくれるわけですから、有難いことこの上ないんでしょうけどw
Posted by mash at 2009年06月29日 21:39
 コメントありがとうございます。例によって放置してしまってすみません。。。

 派遣村の中の人たちに対するラベリングから見えてくる彼らの意識・認識というのはなかなか興味深いものですよね。たしかに、当初は本気で「怠け者」だと思っていたみたいですが、最近は不況の影響が自分にも降りかかってくるようになってきたせいか、自己暗示的なものが行間から読み取れるような感じがします。あくまで「感じ」ですけどね。論証可能な資料があれば、そのうち記事にしたいなぁ。。。

 分断統治するまでもなく、勝手に分断してくれているんだから、たしかに、ありがたいことこの上えないでしょうね。
Posted by s19171107☆管理人 at 2010年01月24日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。