当ブログは移転しました。詳細はこちらに掲載してありますので、ご参照ください。

2008年04月23日

戴いたコメントへ返信しました

 以下の記事に対して戴いたコメントへの返信を完了させました。

反省って何だろうね (「amanoiwato」さん)
http://s19171107.seesaa.net/article/57020658.html

 光市事件差し戻し控訴審判決については、判決文がアップされるまで待つということは、先に述べたとおりです。まあ、判決文を見ずに報道や世論の分析もできないこともないのですが、「amanoiwato」さんから頂いたコメントで、「素直に反省の弁だけ述べていれば死刑は免れたかもしれないのに。あの弁護団が余計な事を被告に焚きつけたせいで心証が悪くなった」というものが多かったと教えていただきました。

 そのコメントに対する当方の返答コメントにも書きましたが、本差し戻し控訴審は、最高裁が破棄差し戻しをした時点で、従前(1審・控訴審・上告審)の弁護方針・弁護内容ならば死刑にするほか無いという前提がついていたわけです。本裁判では、特に1審・2審においては情状弁護が中心でした。つまり、本差し戻し控訴審で情状弁護しかしなかったのならば、確実に死刑だったわけです。

 まあ、はっきりいって、こんなのはちょっと考えれば「庶民の感覚」でも簡単に分かるはずなんですが、それでもあのような「世論」があるということは、いかに本裁判の内容が、最高裁判決の意味すら省みられていなかったのかの証左であります。となると、やはり本差し戻し控訴審についても、全ての根幹である「判決文」を読まない限り、その批評は絶対に出来ません。

 先ほど、裁判所の判例検索で本判決を検索しましたが、まだあがっていないようです。ゆえに、当ブログにおける本判決関係の記事は、今しばらくお待ちいただきたいと思います。


posted by s19171107 at 05:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 運営連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
被告の言動は何につけても反省していない、悪意があることにするだけでなく、遺族の言うことなら捏造でも平気で垂れ流すことも問題だと思います。
にらみつけ、弁護士ガッツポーズ。
これが最も顕著だったのは、大淀病院の「病死」した妊婦の夫と父親による医療ミス・医者の行動の捏造でしょう。
Posted by けら at 2008年04月23日 10:17
お久しぶりです。以前はコメントにご返信いただきありがとうございました。

差し戻し審判決は被害者遺族の(そして世間の)望み通り死刑でしたね。
しかしだからといってアンチ弁護団派の愚行やマスコミによる偏向報道が正当化されるわけではない。
これはUFOの正体が異星人の宇宙船だと証明されたとしてもジョージ・アダムスキーがペテン師であったという事実は覆らないことや、超能力の存在が証明されたからといってウォルター・J・レビのとった行動が超心理学における汚点であることに変わりはないことと同じですが・・・・・・アンチ弁護団派の人はそうは思わないんでしょうな。
Posted by 衒学鬼 at 2008年04月24日 20:05
 コメント有難うございます。

>「けら」さん
 被害者遺族におかれましては、本日別記事でもご紹介しましたように、殺人と傷害致死の区別すらつかないくらい焦燥なさっているようですので、まあ仕方ないといえば仕方ないので、私としては敢えて、その点についての批判はしません。多分私も同じ境遇に陥れば、そうなるでしょうし。
 しかし、それを社会に伝える第三者としては、そのまま垂れ流すというのは、「まずい」を通り越してある意味犯罪的所業です。先日のきっこ批判記事でも書きましたが、社会というのは所謂「キレイゴト」で成り立っており、被害者感情を無批判に社会制度に組み込むとなると、恐らく社会は崩壊すると思わるからです。

>「衒学鬼」さん
 そもそも、本判決と偏向報道ってのは、本来別の問題ですからね。しかし、仰るとおり、きっと今回も報道問題はうやむやに終わるんでしょうね。
Posted by s19171107@管理人 at 2008年05月04日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。