当ブログは移転しました。詳細はこちらに掲載してありますので、ご参照ください。

2008年05月05日

共産党関係の世論を集めてみようと思う(1)

 私は自身が日本共産党(以下「共産党」と省略)支持であることを以前から明らかにしております。最近は余りこっち関係の記事は書いてきませんでしたが。しかしながら、共産党万々歳かといえば、それは大嘘になってしまいます。言わば「消去法的共産党支持者」といったところでしょうかね。

 それはさておき、私は自称共産党員の方々が集う掲示板や某SNSのコミュなんかを覗かせていただいておるのですが、どうもその手の方々は、自党への支持が思うように伸びない理由を「メディアの2大政党制キャンペーン」とか、あるいは「反共宣伝」みたいなものにばかり求めているように思います。

 まあ確かにそういう面も否定できないのですが、私としては、それはあくまで支持が伸びない要因の一つに過ぎず、ほかにも要因はあるものと考えています。

 ゆえに私は、共産党関係者の方々におかれましては、もっと色々な掲示板に顔を出して、そこでの論議の行方を採集して、自党の運動方針構築に役立ててほしいと常々思っているのですが、どうも余りそういう動きが見られません。

 まあ、共産党関係の論議といえば、党関係者が身内で自党を称えるか、あるいは反共産党の方々が妄想逞しくバッシングに走っているかくらいしかないので、共産党関係者の方々におかれましては、わざわざ妄想逞しく、いくら説得したところで意見を変えることはまず無い反共産党を信念としている方々の意見なんて聞いたところで意味は無いし、わざわざ嫌な気分になりたくないと思っているとしたら、それはそれで仕方ないと思います。

 しかし、実際はよーく探してみると、決して信念的反共論者ばかりではなく、また、ちょっと頭の片隅に入れておいたほうが良さそうな投稿もあります。

 一方で、繰り返しになりますが、わざわざ嫌な気分になりたくないと思っている方もいらっしゃるでしょう。

 そこで、これから時折、共産党関係の「世論」を、「いつものやり方」で採集してまいります。もちろん、信念的反共の「罵倒」や、あるいは関係者自画自賛系の「世論」、はたまた「もっと左の方」からの批判については、私の判断で(←ここ重要 何を収録するかは私基準で参ります)バシバシと切り捨て、理由付けなども比較的できているもののみご紹介してまいります。

その第一回は以下のコメント欄より。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080505-00000021-mai-pol
 次期衆院選で小選挙区候補を大幅に絞り込む共産党の票の行方に自民、民主両党がヤキモキしている。共産党が候補擁立を見送った4月27日の衆院山口2区補選は試金石と見られていたが、民主党が後押しを受けたと評価する一方、数字は相当部分が棄権に回った可能性も示す。民主党は「民共協力」に大きな期待をかけるが、自民党からは「それほどの影響はない」という読みも出ている。

 共産党は昨年9月、「参院選比例の得票率が8%に満たない小選挙区」などの条件での候補絞り込み方針を公表。独自候補を擁立するのは135選挙区前後とみられ、残り165前後での共産票の行方が自民、民主両党にとっての注目の的だ。

 「共産党を支持した方々も私どもに投票してくれた。野党政権をつくるという一点で共通している」

 民主党の小沢一郎代表は山口2区補選勝利の翌日、記者会見で表明。合わせて小沢氏が不破哲三前議長、鳩山由紀夫幹事長が市田忠義書記局長にそれぞれ謝礼の電話を入れた。

 05年前回衆院選の山口2区で共産候補の得票は1万3499票。補選の際の毎日新聞の出口調査によると、共産支持層の約9割が民主候補に投票したと答えており、民主党は共産票が2万1944票差の勝利に影響を与えたと見ているからこそ謝意を表したのだ。

 しかし、出口調査では自民支持層の約4分の1が民主候補に投票したと回答。自民候補が前回比9918票減で、民主候補が1万2614票増という数字を考えれば、共産票の大量棄権という見方も出てくる。自民、民主両党は今後、このあたりの詳細な分析を急ぐ考えだ。

 一方、民主党が衝撃を受けたのは、補選と同日に実施された埼玉県議西5区再選挙(旧上福岡市、定数1)。共産候補が自民、民主両候補を降し、当選を果たした。民主党は都市部の動向が次期衆院選のカギを握ると見ている中、都市部での共産党との協力の限界も感じ取っている。

 共産党の市田氏は「自民党は支持層が崩れ、民主党は自公政治への対立軸を持っていない。それを分かった人は従来の支持政党を超えて共産党に入れる」と指摘し、フリーハンドを強調している。【野口武則】
 投稿番号順に並べますから、何か気になったら当記事コメント欄でも良いですし、お手元のチラシの裏にでもメモしてみてください。単純な収集ってのも結構面倒くさい作業なんですが、何かのお役にたてれば幸いです。
2
公務員・官公労。自治労の労組分かれているだけで民主、共産、社民、同じだ。

政府の足引っ張り、政権交代もくろみ、公務員天国温存システム完成。

無駄暴き、改革の法案とめればいい。

簡単だね。

労組の利権・特権の半減制約、リストラの法案、整合性あるもの、出すまでは、偽装改革だ。
4
国政選挙と県議などの地方選挙を同列に論ずるのは意味が無い。
国政においての共産党は、特に外交や国防において正直現実性に欠ける。
だから基礎票以外に共産党へ投票する人は少ない。

しかし地方自治体選挙の場合、生活に根ざした部分や清潔さでけっこう共産党の人気は高い。
だからそんなに民主党が心配する必要が無い。むしろ埼玉県議選は共産党にさえ破れた自民党の方がショックは大きいだろう。
国政においては無党派の比重が大きくどちらに流れるかで勝敗が決まる。今の政権を投げ出した安倍さん以降、
最近の福田政権に至るまで自公連立政権に失望した人達のほうが圧倒的に多く、どう転んでも自公に有利になることはありえない。
共産党員の分析だから間違いない。
5
日本で共産党が与党になることはありえない。
そこで共産党への提案。

?自民党と共産党が手を組む、というか一派閥「志井派」として共産党が自民党の中に 入り込む。

?自共連立政権をつくり、少なくとも国家公安委員長のポストをもらう。

?野党連立政権(民主、共産、社民、国民)になれば、自公連立政権との対立軸がはっ きりとした明確な「二大連立政権制」が達成できる。
「この売国奴!」「やい、カルト宗教!!」といった野次が国会で飛び交い、国民の 政治への関心は高くなる。

共産党が存在感を高めることは重要だ。
ただ、そういった度量がないのが共産党の共産党たるゆえんだが…。
22
共産党に国政は任せられないが、批判勢力としての存在意義は大きい。
現状認識についても、一番勉強しているのが共産党。
共産党が共産党でなかったら、投票するのに。
現実的には民主党でしょう。
36
もし日本共産党が支持拡大を本気で考えるならば

「日本共産党」と「中国共産党」はどこが違うのかを明確に国民に示すべき。

「しんぶん赤旗」にちょこちょこ書いても読んでいる一般人は少ない。
44
まだ一回も共産党とも共産党の議員の名前は書いたことがないが次回の選挙では選択肢の中に入ってきた。
一番理論的でよく研究しているし筋が通っている。自民党に欠落した弱者の視点を持っている。護憲だから安心でもある。
唯一経済に関しては世界の中では通用しない
68
「野党政権を作るという一点で共通している」っつたって、野党政権という言い草も不満ですね。自民打倒だけが、最大かつ唯一のマニフェストじゃ政党としての存在価値ないですよ!
協力体制を組むなら、マニフェストのこの部分で共産党と協力体制を組める・・・という風に、政策中心に国民に説明してほしい。
多数決の民主主義ではしょうがいないのかもしれないけれど、過去の「野党政権根性」が自滅して自民政権を延命・安定させてきた事を忘れないで欲しい。
99
存在するものには理由がある。
唯一抵抗のあるのは党名のみ。
でも比例ではいいかな。
129
とうとう、共産党まで・・・。選挙権を持ってから10年強、
少なくとも働くもの、貧困な庶民の味方だと思い、悲惨な我々の生活を打破してくれるものと思い、共産党に票を投じてきましたが、選挙協力・またその後連立となるとすれば、考えざるを得ません。今の自公政権よりは確かにマシかもしれません。
しかし、民主党の大半は旧自民党ということを忘れてはいないでしょうか?仮に民主党が政権を取るようなことがあったとして、果たして真に働くものの為の世の中になるでしょうか?心配です。
共産党がだめなら、それに代わる社会の搾取層と戦ってくれる政党の誕生を期待したいですが・・・。
135
赤旗新聞をなくした共産党だったら野党第1党になってほしい気がするのだが。
民主党と連合するのなら安心して政権をまかせられそうな気がする。
共産党のタカ派はなんとしても押さえ込んでほしい
193
共産党...名称が悪い、今時共産なんて、中国と北朝鮮だけ
名前さえ変えて、政治色変えたら天下取れるかも
日本で唯一の野党で、ぶれは少ない
あとの政党は、みんな同じ色
巷では、共産党に入ると、赤旗新聞購読させられ(活動資金)警察に就職できず
大手企業にも就職できないらしぃ(幹部が職場に乗り込んでくるらしぃ)
安定した自営業でもしてない限り、党員には入れないだろうあ
207
私は支持政党は無い
世界各国で劣悪な環境を生み出した「共産主義」には反対するが、言ってる事を聞く限り共産党=共産主義というわけじゃーない。
ジャーナリストとか共産党をよく批判するが中身よくみないと。
・自民党=既得権益守護
・民主党=筋の通っていない半政権政党
・公明党=宗教団体、個人の思想皆無
・共産党=一般国民向け政策、だが現実を見ていない
他にも政党はあるが私の認識はこんな感じ

各政党はしっかりとした方向性を打ち出してもらわないと所属している議員さんの主義主張も揺らいでくるぞ。
233
伊吹、古賀、二階など私利私欲の利権議員はもういい。
小泉、安倍などの似非改革(改悪)論者ももういい。
山本一太は論外だが若手には期待するが現行体制では生かせないだろうな。

かといって小沢、鳩山、菅の3羽ガラスも胡散臭い。
前原も国会運営と選挙に疑問符。
岡田も自信のなさが顔に出てるし。

共産党は足元しか見えてなく、外交・経済に疎すぎる。

社民は論外(おばちゃん集団の感じがする)。

近いうちガラガラポンッで政界再編が濃厚と思われるが、そのときは1行目の議員は間違いなく落選させて欲しいものです。
255
党名はどうあれ、過去10年の共産党の活動を見ると、今もッとも信頼できる政党かもしれない。共産=中共と党名がダブッてしまうが、党名さえ変更なれば、確実に1票を入れる!しかし万が一連立にしても政権を共産党に譲るのは怖い。しかし純粋に、政党助成金受け入れ無し企業献金無し、はクリアーな政党と思えるが、残念なことに、万年野党は残念な政党に思える。決ッして悪さをした政党ではないが、共産党という党名の響きを変えて欲しい。他国では、軍隊=共産と言うような意味に取られてしまう。自民、民主は信じる事ができない。なぜなら、彼らこそ、金でしか動かない。今こそ、時代錯誤なれど山本五十六のような、リーダーが日本には必要である。
266
共産党が政権を握ることはあり得ないと思います。国民にアレルギーがある中、いったい全体、どうやって200議席以上獲るのですか?絶対に不可能ですよ。共産党による政権奪取不安論には、反共宣伝の意味合いがあることを忘れないでください。
284
一般人にとって、共産主義者の解らない点。
1.以前、極左主義者は反イスラエル闘争していたが、共産主義自体ユダヤ人が作った思想だ。また、ナチはユダヤ人迫害したのに、反ナチの共産主義者は何故同じように反イスラエル・ユダヤ闘争したのか?
2.日本共産党は、中国やソ連とは違うと言うのに、彼らと連携をすべく、渡航暦が多いのは何故か?
3.日本の軍事を軽視するのに、仲間の中国ソ連は軍事大国である。変ではないか?
4.食料自給率が低い日本で、共産主義的鎖国により、食料不足したら、「文化大革命」のような手に出るつもりだろうか?
わからぬ点が多いですね。
285
「共産党が政権をとったら〜」とか言って不安を煽っているのがいるけど,誰も共産党に政権まで取らせようだなんて言っていない.自公にお灸をすえるために,政権をとらない程度に議席を持たせてやるかと言っているだけ.
 なるべく信念的反共はカットしたつもりだけど、それでもちょっとグレーっぽいのはあるなあ。ともあれ、今後も折を見て続けたいと思います。


posted by s19171107 at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 共産党とかそっちの方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、特命希望と申します。
早速ですが、ずいぶんと勉強不足の反共さんが多いものですね。特に284氏はひどい。

疑問1はたぶんマルクスがユダヤ系だからこう言うのだと思いますが、ユダヤ系の人が皆パレスチナ占領を理想としていたわけではないでしょう。それにイスラエル建国は神話に基づくもので、成立の根拠としては薄弱だからではないでしょうか?
他の質問も勉強不足が露呈しています。
2.中国やソ連とは違うと言うのに、彼らと連携をすべく、渡航暦が多いのは何故か?

答えようがありません。渡航暦って西暦何年ですか?284氏が示すべきです。

3.日本の軍事を軽視するのに、仲間の中国ソ連は軍事大国である。変ではないか?

文法の間違った質問に答えよとおっしゃるので?意味不明です。

4.食料自給率が低い日本で、共産主義的鎖国により、食料不足したら、「文化大革命」のような手に出るつもりだろうか?

どういう因果関係で鎖国につながるわけ?意味不明ですね。
「一般人にとって、共産主義者の解らない点。」といってますが、分からないならパソコン切って図書館行きなさい!
今後はこれらの発言はもう、むちゃくちゃな妄言だけを抜粋して晒し者にし、記事の題名はこう言う発言を笑い飛ばすような物にしてはいかがでしょうか。
Posted by 特命希望 at 2008年05月14日 23:19
 コメント有難うございます、

 284については、本当は「信念的反共」の典型例ですので、カットすべきだったのですが、なんか面白いくらいに電波な投稿だったので、思わず保存してしまった次第ですww

 質問1については、マルクスは確かにユダヤ系ですが、別にユダヤ民族のための思想じゃありません。「反ナチの共産主義者」というのが漠然としすぎていますが、たぶん欧州系でしょう。その彼らが「反ナチ」の片手間に「反ユダヤ」の運動も展開していたのは、恐らく、欧州に根強かった反セム主義・反ユダヤ主義によるものであって、別に共産云々とは関係ないでしょう。

 質問2についても、何を以って「渡航暦が多い」のかは良く分かりませんが、日中ソ3党は、具体的運動方針が違うだけで、おおもとの思想は「マルクス主義」という点で一致しているのですから、「マルクス主義の理論交流」という目的での「渡航暦が多い」というのなら、そりゃ当然だと思いますよ。

 質問3については、具体的運動方針が違うとしか言いようがないですね。

 質問4については、そもそも共産主義の原理論において「鎖国」は一番やってはならぬこと。

 仰るとおり、「わからぬ点」というより、「分かる気がないだけだろう」と言わざるを得ないシロモノですが、しかし、今まで「反共」さんたちを見てきた結果、結構この手の勉強不足・誤解が多く見受けられます。そして、こういう「誤解」をもとに、手前勝手な自己流解釈を付け加えた結果、「妄言」に発展するものと考えます。

 ゆえに、現状において、「妄言」を取り出して笑い飛ばしているようでは、いつまでも共産党への支持は伸びないものと考えます。今後も、今回と同じく、単なる勉強不足や誤解によると思われる書き込みをピックアップして、ご紹介して参る所存です。もちろん、時折、私のほうでもコメントをつけて参りたいと思っています。
Posted by s19171107@管理人 at 2008年05月21日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。