当ブログは移転しました。詳細はこちらに掲載してありますので、ご参照ください。

2008年06月08日

食材費上昇と「民間委託」

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080608k0000m040104000c.html
給食費:公費補てんも 22自治体が値上げ 毎日新聞調査

 小麦粉や乳製品など食材費が上がる中、各地で小中学校の給食費の値上げが相次いでいる。毎日新聞が道府県庁所在地市・特別区と政令市計73自治体に尋ねたところ、22自治体が今年度値上げした。緊急措置として公費を学校に投入した自治体もある。多くの学校は果物の回数減や、牛肉を豚肉に変えるなどのやりくりに追われている。

 食材費上昇は主食のほか肉や野菜、油にも及び、現場を苦しめている。値上げしたのは札幌、宇都宮、奈良、長崎などの各市と東京の8区。

 上げ幅は月50〜500円で、200〜300円程度が目立つ。札幌市は中学校の月額3950円を4250円に、長崎市は4100円を4400円とした。1食あたり20円値上げした東京都豊島区のある小学校では、栄養士が「パンやめんを減らし米に変えた。油のランクも落とし、揚げ物を減らした」と打ち明ける。

 給食費は本来、学校給食法で原則保護者負担となっている。しかし、値上げを避けるため年度途中に補正予算を組み、学校に補てんする自治体も現れた。

 東京都中央区は6月議会に790万円の予算案を提案。足立区は約3700万円分の米を学校に現物支給し、浮いた費用を他の食材購入に充てる計画だ。いずれも公費を給食費に充てるのは初めて。従来50万円の米代を負担している鳥取市は、430万円増額する補正予算案を6月議会に出した。

 多くの自治体では、バターをマーガリンにしたり、果物のカットを小さくしたりしてしのいでいる。ドレッシングを手作りに(松山市)▽カレーの隠し味のチーズを減らす(高知市)▽校庭でできた夏みかんをゼリーに(東京都渋谷区)▽むきえびのサイズを大から小に(大阪市)−−の涙ぐましい努力も見られた。

 コスト抑制のため、さいたま市は「安く納品する業者に代えた」と説明、新潟市も「調理の民間委託を促進する」という。給食費増の背景として「中国産の野菜を避けているため」(甲府市)との答えもあった。
 さて、昨今は行政サービスの「コスト削減」の一環として、事業を「民間委託」する風潮があります。しかし、この「民間委託によるコスト削減」によって「サービス内容が低下した」という世論を余り聞かないところを見ると、どうも、「コスト削減」の名目の下に民間労働者を酷使しているように見えるのは気のせいですかね?というか、単純に考えてそうだと思うんですけどね。消費者へわたる財の内容が同一なのに、財の価格だけ下がったとなれば、生産者側で何らかの生産条件変化があるとしか考えられませんし。
 いつだったか「行政サービスの民間委託で民間労働者の負担が増大した」みたいな番組をNHKがやっていたような覚えがあるんですが、見逃してしまったもんで。。。
 所謂「公務員バッシング」と、「下にあわせる」発想に基づく各種の公務員待遇改悪、そして「民間委託」の実情についても追っかけたいところですが、時間がねえ。誰か効率的な時間の使い方を教えてくだされ。


posted by s19171107 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。