当ブログは移転しました。詳細はこちらに掲載してありますので、ご参照ください。

2008年06月09日

上を見るな!下を見ろ!ああならないだけ幸せに思え!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080609-00000011-maiall-soci
<秋葉原通り魔>容疑者、解雇と誤解?工場「つなぎがない」と騒ぐ 携帯サイトにも書き込みか

6月9日14時18分配信 毎日新聞

 東京・秋葉原で8日起きた通り魔事件で逮捕された加藤容疑者は青森県出身で、東京都内の人材派遣会社に登録し、自動車組み立て・生産大手の関東自動車工業の東富士工場(静岡県裾野市)で働いていた。

 同工場の橋本直之・庶務広報室長(54)や人材派遣会社によると、加藤容疑者は昨年11月11日に派遣会社の面接で採用が決まり、同月14日から工場で働いていた。情報誌などの折り込み広告を見て応募。面接の際は「以前も派遣社員として自動車工場で組み立てをやったことがある」と話したという。

 工場での担当は塗装ライン。月曜から金曜の週5日勤務で1週間交代で日勤と夜勤についていたが、勤務態度はまじめで、公休以外は休まなかった。時給1300円で月約20万円の収入があった。契約期間は今年3月31日までだったが、1年間更新されていた。

 派遣社員を6月末で200人から50人に減らす計画があったが、加藤容疑者は、自分が対象ではないことを派遣会社から知らされていたという。

 一方で、加藤容疑者は5日の始業直前の午前6時ごろ「自分のつなぎ(作業着)がない」と大声を出して騒いだため、同僚がリーダーに報告。リーダーが駆けつけたときには、姿を消していた。

 この日、加藤容疑者が「犯行予告」をした携帯電話サイトの別の掲示板に「作業場行ったらツナギが無かった 辞めろってか」(午前6時17分)▽「やっかい払いができた会社としては万々歳なんだろうな」(午前7時44分)とあり、午後零時5分には「『誰でもよかった』 なんかわかる気がする」との記述もあった。つなぎのくだりは、加藤容疑者が騒いだ時間と近接しており、加藤容疑者が「解雇された」と誤解して書き込んだ可能性もある。

 加藤容疑者の裾野市富沢の自宅は人材派遣会社借り上げの4階建てワンルームマンション。3階に1人暮らしをしていた。管理会社によると、04年12月から派遣会社が32部屋のうち5部屋を借り上げている。入れ替わりが激しく、加藤容疑者の居住は把握していなかった。

 住民によると、加藤容疑者は半年から1年ほど前から住んでおり、時折、ジーンズにシャツの軽装で午後11時ごろに帰宅する姿が目撃されていた。ただ、約1カ月前から本人と乗っていた青森ナンバーの軽自動車が見られなくなった。住民の付き合いはなく、トラブルもなかったという。
 例によってコメント欄より。
誰だって生きていくのに辛い事はある。
でも、取りあえず財布の中には小銭があり
今晩雨風をしのいで寝る場所もある。
贅沢なものではないかもしれないが、食べるものもあり
読み書きが出来て携帯のサイトに書き込みも出来る。
ねえ何が不満なの?
この世の中にはもっともっと大変な状況の中で生きてる人間もたくさん。
不満を言い出さばキリがないし、上を見てもキリがないんだよ。
 当ブログにおいては、チュチェ96年8月5日づけ「下を見ていてはキリが無い」をはじめとして、特に「公務員バッシング」と「格差問題」に関する「世論」において良く見られる「下にあわせる」(相対的に劣悪な環境で生きている人たちが居るんだから「贅沢」言うな)発想について、厳しく批判してきました。これは第一には、日本が(程度の妥当性や、それそのものの良し悪しは別として)現実に、ここ数百年の人間社会の飛躍的発展の重大な環境的条件を引き継ぐ「競争社会」であり、これは、常により良い生活に向かって「向上心」旺盛に突進する人たちが居るからこそ成り立つ社会であるから、第二に、チュチェ思想的に見ても人間というのは、自己の運命の主人として自主的に生きようとする意識性をもち、目的意識的発展志向で世界を改造・創造することによって自主化を達成するものである以上は、常に自主化すなわち理想通りの自分に自己実現してゆくことを本質としているからであります。

 その点、前掲の書き込みをはじめとして、今まで当ブログにおいてご紹介し、批判してきた「下にあわせる」・「上を見るな」の発想は、人間の本質であると同時に、人間社会発展の原動力である「向上心」を否定し、現在の自分の地位に甘んじろという、全くをもって現実に生きる「人間」を見ていない机上の空論であると言わざるを得ません。

 また、前掲の書き込みが挙げている生活レベルというのは、はっきり言って産業革命以前の中世時代で既に達成しているレベルです(もちろん、中世には携帯電話はありませんが、派遣社員にとって携帯電話というのは仕事依頼の連絡上、必須のアイテムですので、事実上の生産手段であり、ちょうど中世農奴の必須アイテムである「農具」などと同じと見て良いでしょう)。つまり、あの書き込みは「中世の生活で満足しろ」と言っているのと同じであり、ちょっと論が飛躍しすぎているかもしれませんが、これは、中世以降の人間の歴史を否定する言説であると考えます。

 まあ、あの書き込みは、こんな堅苦しい話を並べる以前に「じゃお前がまずやれ」と言われたら、ちょっと躊躇する内容です。にも関わらず、あの書き込みに対する評価が7000ポイント(1クリックにつき1ポイント、すなわち延べ7000人が同意を表明した)も受けているのを見ると、なんちゅうか、本当に日本人って大人しくって支配しやすい民族なんだなぁ、という思いを強くします。


posted by s19171107 at 20:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どこともそんなもんだよ。
だから景気が上がらないだろ。
下をみろっていわれて
経済発展するかっての。
無論上を見過ぎもアレだけどね。
日本の貧困語るのに
物価の安い海外の賃金と比較する馬鹿って誰よ。
と誰かつっこまないとね。
Posted by 天性の庇護者 at 2008年06月21日 03:33
コメントありがとうございます。

そうですよねー
現状に満足するものに発展はなく、発展の無いものに未来はありません。さらに、情勢や背景が全く違うものは比較にはならない。。。

あたりまえのことなんですけどね。
Posted by s19171107@管理人 at 2008年07月05日 13:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。